シェアする

アマモの苗が育ってきました!(アマモ場再生活動)20171225

シェアする

うみがめです。

2017年も、もうあと残りわずかとなりました。

今年から、本格的に沖ノ島のアマモ場再生活動に取組みを始めまして、5―6月に花枝採集、9月に熟成種子の選別、そして、先月の11/21(館山小学校)と11/25(皆様と)苗床つくりを行いました。

その後もう約1月が経ちまして…

遅くなって申し訳ございません!様子をお伝えします!

成長し始めたアマモ

成長し始めたアマモ

かなり小さいですが、成長を始めています!

結構嬉しいです。

ますます、沢山、大きく、成長してくれるように願うばかりです。

ちなみにこのアマモは、館山市香のお茶の水女子大湾岸生物教育研究センターの一角を特別にお借りして育成をしています。

主に館山小学校の皆様と播いた種です。

そして、もう1箇所

館山市船形の港の様子です。

こちらは、皆様と播いた種です。

さて・・・

成長し始めたアマモ2

成長し始めたアマモ2

こちらも出てますよーー!

芽吹きの様子

芽吹きの様子

こちらも船形ですが、白い糸みたいのが出てきています。

これが、最初に出て来るのだそうです。その後緑の葉がでるとのこと。頑張れ!

※こちらは、オープンな場所ではありますが、漁港施設の一角を特別にお借りして育成しています。立ち入りにはご注意ください。

どちらも、沢山、大きく育つことを願っています。

順調に苗が育てば、来春5月ころに、いよいよ沖ノ島に移植します。

沖ノ島は、10/22-23の台風21号の影響で、まだ、一般には入れない状況が続いておりまして、今は、ご迷惑をお掛けしていますが、きっとその頃には、入れるようになっていると思います。

館山市では、クラウドファンディングも実施しています。

頑張ろう沖ノ島!11/30より、ガバメントクラウドファンディング「沖ノ島復興プロジェクト」開始
沖ノ島(沖ノ島公園)は、千葉県の南に位置する南房総館山湾の南側に位置する高さ12.8m、面積約4.6ha周囲約1kmの陸続きの小島(陸繋島)...

頑張ろう沖ノ島!

記 うみがめ

シェアする