取材希望・報道関係のみなさまへ

シェアする

取材希望・報道関係のみなさまへ

私たち、たてやま・海辺の鑑定団は、千葉県館山市にある沖ノ島をフィールドの中心として活動する団体です。

レジャーや教育としての自然体験プログラムについての取材もお受けすることができますし、

沖ノ島を始めとして館山周辺の海や海岸の貝や魚、海藻、サンゴなどの生物、漂着物などの情報についても取材に応じる事が可能です。

また、写真等が必要でしたらよろこんでご協力させていただきます。

私たちは大切な海や自然を守り、そして自分自身もその自然の中に生かされていることに気づくきっかけをご提供したいと考えております。そのため、ただ単にいい場所、いい活動というだけではなく、この海や自然を守るためにゴミを捨てないなどマナーなど啓発もセットでご紹介いただきたいと考えております。

また、当団体の目的と異なる取材についてはお断りさせていただくこともありますので予めご了承くださいませ。

団体概要

【団体名】たてやま・海辺の鑑定団(NPO法人)
【理事長】 竹内聖一
【住 所】 〒294-0034千葉県館山市沼979 海からの贈り物館内
【電話FAX】 0470-24-7088
【メール】 umikan@lapis.plala.or.jp
【HP】 http://www.umikan.jp/

団体活動内容

【自然体験プログラム】
館山沖ノ島無人島探検、スノーケリング体験、貝を使ったクラフト体験、釣り体験
※沖ノ島はさまざまな面白い特徴を持っています。例えば、縄文遺跡があったり、樹齢300年の大きな木があったり、日本の北限域のサンゴが育ち、黒潮に乗ってやってきた色鮮やかな魚を見ることもできます。

【自然保護活動プログラム】
アマモ再生事業
※館山市や漁協、地域の小学校など関連団体と連携をはかり、またアドバイザーとして海洋環境専門家の木村尚氏を招き、沖ノ島の失われたアマモを取り戻す活動をしています。
地球環境基金助成事業でもあります。

個人のお客さまはもちろん、小学校、中学校、高校などの学校や各種団体の受け入れも行っております。

現在活動中の主要メンバーは、地元の漁師や農家も含むが移住者も多く参画し、積極的に地域の活性化や観光資源の開発・活用に取り組んでいます。
※7月中旬から8月末までの時期はスノーケリング体験活動のため取材協力ができないことがあります。あらかじめご了承くださいませ。

現在までの取材協力実績

NHK総合 おはよう日本「土曜すてき旅」
NHK総合 こんにちはいっと6けん
NHKラジオ第一放送 「旅に出ようよ」
NHK総合 ゆうどきネットワーク
NHKワールド Journeys in Japan
NHKBS 晴れ時々ファーム
NHK 金曜eye
NHK ひるぶら
テレビ東京 出没!アド街ック天国
テレビ東京 大人の極上ゆるり旅
フジテレビ 「千葉の贈り物~まごころ配達人~」
日本テレビ ZIP
日本テレビ「所さんの目がテン!」
BS日日本テレビ 森人
千葉テレビ ウィークリー千葉県
bayfm 『NIPPONKOA SONPO presents MORNING CRUISIN’』
読売新聞、産経新聞、房日新聞、日経BP日経トレンディ、OZマガジン

シェアする