シェアする

海辺の寺子屋2019 活動写真

シェアする

海辺の寺子屋2019 活動写真

2020年2月16日(日)にイオンタウン館山のコミュニティーホールで開催された
第9回海辺の寺子屋 「災害時のお話」と「わくわくワークショップ」の様子です。

■「災害時のお話」

消防団に所属している海辺の鑑定団スタッフが、覚えておくと絶対に役立つ災害時のお話をしました。

地震だ!身を守るポーズ!!

地震が来た時に自分の身を守る「おさるさんのポーズ」や「ダンゴムシのポーズ」をみんなで練習しました。

煙の中から脱出!

火事が起きた時を想定して煙に見立てた毛布の下を、身を低くして逃げてみました。

めばるが写真を撮りながら毛布を持っていたので、煙毛布がすごく低くなっちゃいましたね。ごめんなさい。

新聞紙スリッパ

地震がおさまって逃げようと思ったらガラスが割れてる。そんななか素足で歩くのは危険ですね。
そこで、新聞紙を使って即席のスリッパを作る方法を学びました。

イザという時作れるように、お家でご家族に教えてあげてくださいね。

■「海のジェルキャンドル作り」

今回のワークショップは、作って楽しい、飾ってきれい。そして、災害時にはロウソクとして使えるジェルキャンドル作りです。

館山の海岸でとれた美しい貝殻やシーグラスを耐熱ガラスに入れて、本物の海の中のようなジェルキャンドルを作りました。

みんなの作品の画像

以上、第9回海辺の寺子屋の様子でした。

■次回は…

第10回海辺の寺子屋は、「ウミホタル体験イベント」と、くらやみで光る、「ウミホタルのスノードーム作り」です。

ウミホタルに触ったり顕微鏡で観察しながらウミホタルについて学べる大人気のイベント。
本物のウミホタルみたいに光るスノードー作りも盛り上がりますよ。

お申し込みをお待ちしております!

詳しくコチラ http://umikan.jp/giftfromsea/terakoya-2019

★終了したプログラム

2020年1月19日(日)にイオンタウン館山のコミュニティーホールで開催された
第8回海辺の寺子屋 「冬の星座のお話」と「わくわくワークショップ」の様子です。

■「冬の星座のお話」

講師は、”Andosatoru”という名前のついた小惑星もある安藤智さん。
安藤さんが身近なもので作った、小惑星探査機「はやぶさ」の模型や「宇宙からの
秘密の物体」を見せて、触らせてくれて、みんな大興奮でした!

ロケット発射!

傘を入れるビニール袋をポンとたたいてロケット発射!
低燃料でロケットを飛ばす工夫についても、とても分かりやすく説明してくれました。

■「わくわくワークショップ」

今回は、「貝がら いっぱい 海辺のリース」。
身の回りで手に入る葛やヘクソカズラなどのツルで作ったリースに、思い思いの貝殻を
つけて、すてきな貝殻のリースを作ってくれました。
お家の壁や玄関に飾ってくださいね♪

以上、第8回海辺の寺子屋の様子でした。

シェアする