シェアする

海辺の寺子屋シリーズ はじまるよ!2018

シェアする

海辺の寺子屋シリーズ はじまるよ!2018

南房総・館山は、三方を海に囲まれています。南から暖かい潮の流れを運んでくる「黒潮」の影響が強く、海のには多くの生き物が生きています。海岸には、貝がらを代表するたくさんの漂着物が見つかり、海の中には魚たちや「北限域のサンゴ」が生きています。また、温暖な気候に育まれた、里山の自然も豊かです。そんな海や自然や、地域の楽しさを伝える「海辺の寺子屋」スタートします。

海岸線(平砂浦)

海辺の寺子屋とは?

「海辺の寺子屋」では・・・
海を安全に楽しむための「こつ!」伝授!
きっと役に立つ! そして楽しめる!
楽しい海辺のお話と、海の物づくり(ビーチクラフト)体験。
皆さんが見つけたお宝(貝がらなど)鑑定します。(分からないものを調べます)

小さな貝がら

海辺の寺子屋開催概要

海辺の寺子屋シリーズは、各回 10:20~11:00(お話会)   11:00~12:00(ものづくり体験)の日程で開催します。

打ち上がったハコフグの仲間

●知ると楽しい館山の海のお話!●タカラガイオリジナルストラップ作り 4/22(日)

館山の海の風景

●知ると楽しい館山の海のお話!

南房総・館山周辺の海辺ってどんな海? 何が生きている? 何が見つかる? 身近で貴重な海のお話とスライドで楽しみながら学ぶ事が出来ます。

●タカラガイオリジナルストラップ作り

南房総・館山の海辺には、約50種類のタカラガイが生息しています。タカラガイは海岸で見つかる貝の中でも人気の貝です。なかなか見つからないレアーなタカラガイもあるのです。世界に一つのオリジナルタカラガイストラップ作りを行います。

1人 500円

タカラガイオリジナルストラップ

●サンゴのお話 ●海辺のモビール作り 5/27(日)

沖ノ島のサンゴ

●サンゴのお話

南房総・館山の海には、黒潮の影響を受けるのでサンゴが生きています。この地域はサンゴの北限域として知られています。南の海でサンゴ礁をつくる種類のサンゴ(造礁サンゴ)が20種類以上生きていると言われています。どんなサンゴが海の中でどんな風に生きているのか、実際に見えるサンゴと海の中の楽しいお話します。(サンゴの種類は見分けるのがとても難しく、学者の先生でないと分からないので種類については詳しくお話はできませんが…)

●海辺のモビール作り

長い時間をかけて海の旅をしてきた流木と、貝がらなどの漂着物を使って、モビールを作ってみよう。

モビール:モビールとは、天秤(てんびん)のような形を組み合わせた飾り物の一種です。ある天秤形が別の天秤形を “重り” として吊り下げているような構造になっているのが大きな特徴です。空気の流れによって様々な部分が揺れ動いたり水平に回転したりしますが、全体として常に釣り合いを保つように作られています。

1人500円

海辺のモビール 海辺のモビール

●海の危険な生き物のお話●海辺のマグネットづくり 6/24(日)

がんがぜ

写真はガンガゼ

●海の危険な生き物のお話

楽しい海・・・きれいな海・・・いろいろな生き物が暮らす「海」!そこには危ない生き物もいるんです! もう直ぐ夏!楽しく海で活動するために、海に遊びに行く前に知っておきたい、危ない生き物や、その他の危ないことについてのお話をします。

●海辺のマグネットづくり

ウニや貝がらなどを使って、マグネット作りをします。ウニの仲間には危険なタイプもいますがこうなっちゃう。実用的で可愛らしいマグネット作りを行います。

1人1,000円

海辺のマグネット

海辺の寺子屋シリーズの基本情報

 開催日程
2018年 4月22日(日) 5月27日(日) 6月24日(日)
(開催日程は変更になる場合もあります 活動日程・イベントカレンダーをご覧ください)
 所要時間
10:20~12:00
 参加費
一人500円~1,000円 (開催日により異なります)
 対 象
小学生~大人(小学3年以下は保護者同伴参加)
 集合場所
千葉県館山市沼979 海からの贈物館(たてやま・海辺の鑑定団事務局)
 定 員
15人程度 定員になり次第または、開催日前日17:00までにお申し込み
 持ち物
好奇心 筆記用具など
 備考

各プログラムは傷害保険に加入しております。
概ね開始10分前までに御集合ください。
プログラムの内容および参加費は変更される場合があります。
参加には必ずお申し込みが必要です。

海辺の寺子屋 ご案内 Pdf

申し込みボタン

お申し込みフォームまたは、直接お電話にてお申し込みください。
TEL 0470-24-7088
電話受付 10:00~17:00(水曜休)

※開催日程は都合により変更になる場合もございます。

シェアする