シェアする

夏の準備。館山の沖ノ島海水浴場は、これから最盛期を迎えようとしている…!!

シェアする

こんにちは。たこやき@海辺の鑑定団 です。

現在の沖ノ島の様子をレポートします。

いよいよ沖ノ島公園ビジターセンターのプレハブハウスが設置されて、看板も取り付けられました。

この沖ノ島公園ビジターセンター・里海観光案内所は以下のような目的で設置しています。

沖ノ島には、国立公園のビジターセンターのような、自然環境を知るための普及啓発施設が無いので、沖ノ島の自然や大切さを伝えるための施設とする。また、施設情報や地域情報と海辺のグッズを提供し、来訪者の利便を高める。また、夏の沖ノ島無人島探検受け入れ、クラフト体験受け入れ、スノーケリング体験活動の補助、スノーケリング機材や安全商品の販売を行う。

また、直接啓発アンケート記入促進と清掃業務(沖ノ島パークレンジャー活動)を行う。
平成30 年度は、館山市と協力し、高ノ島公園付近の委託事業(別途マニュアルあり)とともに沖ノ島環境保全協力金の回収業務行う。

昨年に引き続き沖ノ島利用者アンケートの回収を行う。

砂州の部分には、合計4件の海の家が建てられていて、沖ノ島に最盛期がやってくる準備がちゃくちゃくと進んでいるのを感じることができます。

見えにくいですが、奥に見えるのは、海水浴場であることを示すブイ。

ご覧の通り、海の水も透き通っています。

ワクワクしますねー!

今週の土曜日から沖ノ島海水浴場が始まります!

沖ノ島海水浴場の開設期間は7月14日から8月19日となっております。

詳細はリンク先にてご確認下さい。

シュノーケリング体験の受付も絶賛受付中。

ぞくぞくと予約が入っているようですので、早めのお申込みをおすすめします。

千葉・館山の沖ノ島・サンゴに出会えるシュノーケリング体験ツアー 2018年度(終了しました)
千葉県有数のシュノーケリング(スノーケル)スポットである館山の沖ノ島で、小学生から大人まで基礎を学びながら安心して魚やサンゴの観察ができるシュノーケリング体験プログラム。毎年7月中旬から9月上旬まで開催しています。浅いコース、深いコース、さらに環境活動として当団体が移植したアマモを観察するコースがあります。

シェアする