シェアする

全国アマモサミット2017in伊勢志摩 11/11.12

シェアする

うみがめです。

昨年に引き続き、今年も全国アマモサミットに11/11.12と、参加させていただきました。

今年は第10回の開催で、「未来に輝け、とこわかの海」と題して伊勢志摩にて開催されました。

アマモサミットは、アマモ再生をはじめとする、海辺の環境保全再生に拘る方、ご興味の方が誰もが集います。

開催地の取り組みはもとより、全国の活動の事例報告による共有の機会となっています。

さらに、高校生サミットも開催されて、全国の高校生が取り組んでいる、海辺の環境保全再生の取り組みを、高校生自らが発表し、共有します。

まずは、伊勢志摩海辺環境の現状や課題と取り組みに関して報告がなされた。その後、全国のアマモサミットのかつての開催地が、アマモサミットをきっかけに、その後どうなったのか、という報告がありました。

それを受けて、開催地での今後の取り組みがパネルディスカッションにて討議され、さらに「全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩大会宣言」を、会場の誰もが発言できる形で、コーディネート。

二日目の12校の高校による、高校生サミットの取り組みも、大会宣言には、加味される。

そして、サミット自体も開催地大変なんですが、昨年に引き続き、レセプションや、昼食の時の、おもてなしもあり、開催された、志摩市のみなさまには本当に頭が下がります。

ただ、大変な取り組みなのですが、毎年実施されている、全国アマモサミットは、集った皆様一人ひとりに、気づきがると思う、また、僕個人としても、多くの気づきがありました。

これからの、館山にもきっと活かせることがきっとあると思ってます。

その一つは、子供達から中学高校大学を含む教育機関、その各年代の皆んなが、関わり持続可能な仕組みづくり。

少しづつでも始めて行きたい。

記 うみがめ

シェアする