シェアする

アマモの育成状況 2月その2

シェアする

うみがめです。

たてやま・海辺の鑑定団では、南房総館山沖ノ島の保全と活用の仕組みづくりを通して、「普及啓発」(夏季の沖ノ島ビジターセンター活動)や「実践活動」(アマモ場再生)に取り組んでいます。

アマモ場再生事業
館山市沖ノ島のアマモ場再生事業について ◆沖ノ島の現状とアマモ場再生への経緯 【沖ノ島】 東京から程近い館山湾の南側に位置...

アマモ場の再生活動では、昨年の11月に、皆様、そして地元小学校と種まきを実施しまして、今、育成中です。

そのアマモの成長状況をお知らせいたします!

もう3月年度末。。。さて様子は。。

今回は、この活動のアドバイザーであり、アマモ場再生に詳しい、海洋環境専門家の木村尚さんにご同行頂きました。(ザ!鉄腕!DASH!!でおなじみ)

まずは、船形港。

ここは、皆様とご一緒に種をまいたところです。

船形港の水槽を見る木村さん

船形港の水槽を見る木村さん

400リットルの青い水槽に、種を播いたアマモを沈めて、約1-2週間に一度は、海水を取替えて、掃除をしてきました。

船形港のアマモ

船形港のアマモ

木村アドバイザーによると「なかなか順調じゃないですか!」とのお言葉。

正直本当に芽が出てくるのか、不安でしたが。。。本当に良かった。

そして、お茶の水女子大湾岸生物教育研究センターのアマモの様子です。

アマモの様子を見る木村さん

アマモの様子を見る木村さん

こちらも基本的には、順調に育っている様子です。

循環水槽のアマモ

循環水槽のアマモ

少し藻が付いていますが、大丈夫そうです。

しかし!!この海水循環しているこの水槽だけ、何かに食べられている

何かに食べられてしまったアマモ

何かに食べられてしまったアマモ

一体誰の仕業だろう。。。どうも夜食べられているみたいだ。

(木村さんの話では、貝ではないか。。。と)

貝には今回申し訳ないが、近日中に水槽のを一回きれいに掃除して見る事にしました。

順調に育っているアマモ

順調に育っているアマモ

まぁ。全般的には、順調に育っているようです。

さぁ、2018年度を迎えます。

そのときは皆様と沖ノ島にて移植会を行いたいと思います。

詳しくは、当ホームページにてお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

記 うみがめ

シェアする