シェアする

アマモ場再生活動 館山小学校 0614花枝採集

シェアする

うみがめです。

梅雨の季節ですね。。雨が。。

僕達の活動は、晴れている方が勿論良いのですが天気は、人間の都合ではどうにもなりません。で、やや雨も降る中ですが、アマモの花枝採集を、館山小学校の子どもたちと行いました。今年も4年生が、活動します!

ちょっと遅くなりましたが、6月14日(水)

その時の様子をアップします。

説明中

説明中

4/26に沖ノ島とアマモの勉強会を行って、今日は種を取るための花枝(かし)を採集します。

アマモの説明中

アマモの説明中

アマモと花枝の説明後に実際に採集します。

花枝採集

花枝採集

花枝採集

花枝採集

実は、館山湾の浅瀬のアマモ自生地の育成が悪く、花枝の数が少ない状況でした。

原因は良く分かりません。

そこで、昨年度。今の五年生が育てた苗がまだ残っていたので、沖ノ島だけではなく、館山湾内にも移植しました。

4年生が移植しました。

苗移植

苗移植

約300株を移植しました!

育ってくれるとよいなぁ。

生き物探し!

生き物探し!

そして、最後は生き物探しをしました。

地元の海の生き物と「ふれあい」ました。

数え切れない生き物が見つかった。

中でもタツノオトシゴが見つかったのは、アマモ場減少の中では、貴重な発見でした!
タツノオトシゴは、アマモ場などを好む魚です。

タツノオトシゴ発見

タツノオトシゴ発見

豊かな海に。。。

記念撮影パチリ

記念撮影パチリ

活動はまだまだ続く。

記 うみがめ

シェアする