シェアする

アマモ場再生活動 鋸南大六にて 花枝採集 20180616

シェアする

うみがめです。

梅雨ですね。。。

人間の都合に自然は左右されません。。今日も雨です。それは、受け入れるしかないのです。そういう天候の中、一年で一番潮が引く日程で、鋸南町大六にて、アマモ場再生の一環で来年2019年のための種を取るために花枝採集を行いました。

採集にあたりまして、鋸南町、鋸南保田漁業協同組合、大六の榎本様には、大変お世話になりました。ありがとうございました。

今年沖ノ島に移植したアマモの苗のほとんどは、去年やはり鋸南町大六で採集した種から育った苗です。

大六には、貴重なアマモ自生地があります。

天気が良い時の鋸南アマモ場

天気が良い時の鋸南アマモ場            

天気が悪い

天気が悪い

この日も雨模様です。

めげずに頑張りました。

そして花枝採集

そして花枝採集

ここには、沢山のアマモと花枝がありました。

花枝採集中

花枝採集中

一年で一番潮が引く日。

いつもは、海の中も浅くなっています。

そして生き物観察もおこないました!

ミスガイ

シタビラメの仲間

海の中のミスガイ

ヨツアナカシパン

そして生き物観察も行いました

そして生き物観察も行いました

アマモ場の住人、ヨウジウオも見つかりました!

アマモ場には、沢山の生き物がいます!

記念撮影パチリ

記念撮影パチリ

雨の中ご参加いただきました皆様本当にありがとうございました!

今年も合計3000本余りの花枝を採集することが出来ました。

花枝は熟成しまして、9月には種の選別を行う予定です。

記 うみがめ

シェアする