シェアする

里海博2020 ~海があるってすばらしい!~ 開催! 2020年11月22日(日)・23日(月・祝)

シェアする

Contents

里海博2020 ~海があるってすばらしい!~
2020年11月23日(月・祝)に開催します!
11月22日(日)アマモの種まき(苗床つくり開催)

「館山には何もない・・・」大人が子供にそう教えていませんか?館山の魅力である海をもっと知って感じて楽しんでほしい。そして未来を受け継ぐ子供たちにキレイな海を残したい!里海博はそんなイベントです!

主催者より

NPO法人たてやま・海辺の鑑定団 川名まひろ

千葉県館山市館山湾の南側に位置する沖ノ島(館山市 沖ノ島公園)周辺は都心から近いにもかかわらず、黒潮の影響が強く内湾であり、北限域のサンゴが生息します。
また、周囲1キロ程度の沖ノ島の海辺や島内は、海浜植物と照葉樹が繋がり、海や森に住む多種多様な生き物が見られる豊かな生態系を有しています。
それは、将来にわたり「守り」「伝える」貴重な自然環境です。

館山市 沖ノ島

2008年の館山市沖ノ島

沖ノ島周辺は、近年人気のスポットとなり、特に夏季は訪れる方も多くなりました。夏季に関しては、キャパシティオーバーによる周辺の混雑、残念ながらゴミの放置などマナーが守られないことも見受けられる状況です。

さらに、かつて6500㎡以上あったと記録されていた「アマモ場」が、平成25年の大型台風の影響(波浪や砂移動が原因と推測)により減少してしまいました。

沖ノ島のサンゴ

そして、たてやま・海辺の鑑定団では、官民連携の「沖ノ島について考える検討会議」に参画し、平成28年からは沖ノ島の環境保全と活用の為の「仕組みづくり」と、その「普及啓発活動」と、環境保全の「実践活動」としてアマモ場再生に取り組んできました。

台風15号の影響により島の正面入り口倒木が道を塞ぐ(2019年9月)

そして、残念なことに2019年9月~10月の自然災害の影響を大きく受けてしまいました。

私たちは「里海博2020」を開催することで、皆様にこの自然を知っていただき、感じていただきながら、貴重な自然環境をこれからもずっと大切に守っていく方法をみなさまと考えていく機会にしたと考えています。
ぜひご家族や友人お誘い合わせのうえ、ご参加いただき、楽しんでいただければ幸いです。

ゲストの楽しいお話、みんなでトークショー、様々な体験コーナーなど、海のこと楽しみながら学べます。

是非足をおはこびください。

■2020年度は感染症対策を行います。

★入場時にお名前・ご住所をお伺いいたします。
★健康状態のチェックと検温を行います。
★主催者の判断で会場内の入場制限を行います。

11月23日(月・祝)「海のトークショー海があるって素晴らしい」(たてやまの未来のため、いま私たちにできること)他たくさんのイベント開催します。

入場無料!

※一部有料のコーナーがあります。

会場は館山商工会議所商工会館

館山商工会議所
〒294-0047 千葉県館山市八幡821

会場へのアクセス
https://tateyamacity.or.jp/access

海や自然の楽しさを知ることができる様々なコーナーと、講話やトークショーを通じて身近な海の楽しさを知ることができます。

里海博2020概要(最新情報随時更新します)

11月22日(日)

リンクはページ内に移動します。

●一般参加者を募ってのアマモの苗床づくり(種植え) 船形港 10:00~12:30(予定)

11月23日(月祝) イベント  ★オンライン配信予定

リンクはページ内に移動します。

●ビーチクリーン(商工会議所青年部企画)~清走中~(関連行事)10:00~
●ウミホタル鑑賞会 ①10:30~ ②12:00~
ウミガメと海洋ゴミの話(エバーラスティングネイチャー)11:30~12:00
●「館山の漁港は幼魚パラダイス」講演 (鈴木香里武さん)13:00~13:30
●海のトークショー海があるって素晴らしい(市民協働まちづくり支援事業)13:45~15:15:30
●館山総合高校 缶詰・お弁当 の販売 数量限定販売 売り切れごめん
●海辺の寺子屋(海の素材を使ったクラフト教室)10:00~13:30
●アマモ水槽の展示(磯の生き物)10:00~16:00
●森林再生動画と募金箱の設置10:00~16:00
●沖ノ島の動画コンテンツ再生10:00~16:00
●漂着物展示(海からの贈り物コーナー)
●ご当地キャラクター   アマモン(トークショー) ダッペェ(探してみよう!!) 
●大道芸 須藤健太さん
●大抽選会 15:30~ 景品が当たる!!

ゲスト・登壇者のご紹介

お話や海のトークショーのゲストをご紹介します

鈴木香里武さん
11/23(月・祝)13:00~「館山の漁港は幼魚パラダイス」海のお話

鈴木香里武さん

タレント/Takanoプロモーション所属
株式会社カリブ・コラボレーション 代表取締役社長
岸壁幼魚採集家 フィッシュヒーラー
魚の名字に海の名前は本名で、名付け親は明石家さんま。

木村尚さん 海のトークショーにビデオ出演

海洋環境専門家 木村尚さん

NPO法人海辺つくり研究会理事(事務局長)、東京湾の環境をよくするために行動する会幹事、MACS代表取締役、エンジョイ・フィッシャーマン取締役、森里川海生業研究所取締役、金沢八景‐東京湾アマモ場再生会議、東京湾再生官民連携フォーラム委員など、多数の市民活動団体に参加協力

岩井千尋さん ウミガメと海洋ゴミの話

岩井千尋さん

NPO法人エバーラスティング・ネイチャー 横浜事務所
ウミガメの調査・保全活動を行う当団体にて、関東圏のウミガメ漂着個体調査に携わる。近年はウミガメと海洋ゴミの関係の調査に力を入れている。

アマモン 海のトークショーに出演

アマモン

アマモンはズバリ「野島のアマモ」です。
アマモなんで流されたらどこでも行くので自由です。
アマモであり、タチアマモでもあり、コアマモでもあります。
まぁ「野島のアマモ」なんです。
ですので大きさもいろいろですね。
自称ハマッ子です。
苦手なものは赤潮で、アミメハギとサンゴタツがともだちです。
将来の夢というか希望はタイやヒラメを従えて、も場の主になること。
(渡世人のアマニイと伊勢佐木町でスナックをやってるアマネエがいますけど子供達には言えませんね。)

菅家 英朗さん 海のトークショーに出演

菅家英朗さん

NPO法人海辺つくり研究会 通りすがりのサラリーマン
福島県生まれ。2003年頃から横浜でのアマモ場再生活動に関わる。趣味と実益、伊達と酔狂で海辺の自然再生への参加を継続中。現在は東京都中野区在住のサラリーマン。

館山総合高校の皆様 海のトークショーに出演

館山総合高校の皆様

海の磯焼けの課題解決のための「館山でとれた愛ご丼」で、うまいもん甲子園2020にエントリー。

※アイゴというお魚が海藻・海草を食べてしまうことで「磯焼け」(海藻・海草が極端に少なくなる海の状態)が、起こる原因の一つとわれています。

神保清司さん 海のトークショーコーディネーター

神保 清司さん Jinbo kiyoshi

NPO法人千葉自然学校 受託事業部長 兼 南房総市大房岬自然の家 所長
NPO法人海に学ぶ体験活動協議会(CNAC) 副代表理事
1976年山形県米沢市出身。まき割り、風呂焚きがある家で育つ。青森大学大学院環境科学研究科を卒業後、ホールアース自然学校に在籍。富士山麓でのエコツアーガイド・家畜動物との里山暮らしを通じて経験を積む。2005年千葉自然学校入職。南房総市大房岬自然の家を拠点に年間18,000人の子供たちを迎え入れながら、地域の資源を活かした持続可能な旅行商品づくりにも積極的に関わる。

うみがめこと竹内聖一 海のトークショー

NPO法人 たてやま・海辺の鑑定団 理事長
昭和39年東京都港区に生まれ
海好き釣り好き魚好きが高じて都会の生活から離れ、2001年あこがれの「海辺暮らし」を求め仕事を辞めて館山へ移住。その後館山市内のホテル勤務を経て「海辺のガイド養成講座」受講をきっかけに2003年9月に現在の「たてやま・海辺の鑑定団」を設立。館山にある沖ノ島を中心に、南房総の豊かな自然の中で「エコツーリズム」を実践している。自然と海と沖ノ島をこよなく愛し、海辺を楽しみ、館山発「海辺の新しい生き方」を個人的にも発信中!

里海博2020オンライン 申込はこちらから

ZOOMウェビナーにて、オンライン配信を行います。先着定員100名!

<オンライン配信のスケジュール>

12:55 オープン
13:00~13:30
鈴木香里武さん 「館山の漁港は幼魚パラダイス」海のお話

鈴木香里武さん

休憩

13:45~15:30
海のトークショー海があるって素晴らしい(たてやまの未来のため、いま私たちにできること)
出演(順不同) 木村尚さん(ビデオ出演) 鈴木香里武さん 岩井千尋さん アマモン 菅家英朗さん 館山総合高校の皆さん コーディネーター神保清司さん 竹内聖一

15:35 配信終了

オンライン開催申込み

申込みありがとうございました。お申込みは終了いたしました。

体験イベント 展示コーナー

体験イベント 展示コーナー

様々な体験イベントを行います。

11月22日 アマモの種を植えよう! アマモの苗床つくり会 (要申し込み)

苗床で育ったアマモ

10:00より 千葉県館山船形1452 館山船形漁業協同組合(港内)にて「アマモ苗床つくり会」を行います。

活動内容:2019年9月7日にみんなで選別して、保管・熟成していたアマモの種播きをします。アマモ用の土作りを行い、プランターにアマモの種を播き、アマモの苗を育てる準備をします。

活動時間 10:00~12:00頃を予定

〈服装・ご用意いただく物〉
※海には入りませんが、海水や砂や腐葉土など使いますので、多少汚れてもよい服装でおこしください。
※小雨決行。(荒天中止)
※帽子、飲み物 
★船形漁港探検も実施予定

先着30名 参加費無料 (現地までの交通費は自己負担)

以下よりお申し込み出来ます。

お申込みはこちら

※人数を確認しますので必ずお申し込みお願い致します。
※会場は沖ノ島ではありませんのでご注意ください。

11月23日の体験イベント

関連企画 ~清走中~ (館山商工会議所青年部企画)10:00~(要申し込み)

会場 八幡海岸 10:00~11:30

大人1名と小学生1名の二名一組チーム

詳しくはコチラから 。”申込みはこちらからのみ”となります。

海辺の寺子屋体験 会場 商工会館 10:00~13:30

 

貝のストラップ・ネックレスづくり体験

体験料 200円

ウミホタル鑑賞会 参加無料 会場 商工会館

ウミホタルの輝き見られます

1回目 10:30~11:00

2回目 12:00~12:30

館山総合高校 缶詰・お弁当 の販売 会場 商工会館 10:00~

これが「館山でとれた愛ご丼」です。

愛ご丼ミニ弁当 クジラの大和煮缶詰 かつおの食べるラー油 パウンドケーキ 小豆缶詰など

アマモ水槽の展示(磯の生き物) 会場 商工会館 10:00~

 

※写真はアマモと生き物イメージ

アマモってどんな海草かな 随時見学可

●森林再生動画と募金箱の設置
●沖ノ島の動画コンテンツ再生
●漂着物展示(海からの贈り物コーナー) 会場 商工会館 10:00~

会場内に楽しめるコーナーを満載

ご当地キャラクター   アマモン ダッペェ 海上 商工会館

  

けんけんの大道芸(須藤健太さん) 商工会館

参加無料 12:15~12:45(予定)

里海博2020基本情報

日時
2020年11月22日 10:00~12:30 アマモ苗床つくり会①
2020年11月24日 10:00~16:30 トークショーなど② 

会場 ①船形港  ②館山市商工会議所 商工会館

参加費 無料(体験コーナーは有料の場合があります)

定員 会場内 120名 

※当日は感染症予防対策として、会場の入場制限を行う場合がございます。ご来場の際は事前予約をおすすめしています。

※「清走中」のお申込みは こちらからはできません。

お申込みはこちら

事前受付を締め切りました。当日受付がございますので会場へお越しください。

里海博2020 ~海があるってすばらしい!~ 

主催 NPO法人 たてやま・海辺の鑑定団  
後 援 館山商工会議所青年部 館山市 館山市教育委員会
協 力 海と日本プロジェクト 千葉テレビ放送
館山総合高校 海洋科 家政科
お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センター
沖ノ島について考える検討会議
イオンタウン館山
特別協力 学生団体Gomitomo
協賛 AQA(株式会社キヌガワ)

2020年度 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金助成

シェアする