シェアする

館山小学校5年生によるアマモ移植活動2018/5/29実施しました!

シェアする

うみがめです。

先日5月19日に、引き続き、みんなで育てたアマモの苗を沖ノ島に移植しました。

先日の取り組みはこちら

アマモ苗移植会 2018年5月19日(土)無事終了しました!
千葉県館山市沖ノ島を中心とした南房総での自然体験プログラムを開催/沖ノ島無人島探検、スノーケリング体験、ビーチコーミング、釣り体験

今回は、館山市立館山小学校の活動です。館山小学校では、昨年より4年生が、アマモについて学習しながら、沖ノ島や、地元の海を学ぶ海洋教育を実践しています。

そして、1年間学んだ4年生が、5年生になって。。。アマモの苗も成長して、過日5/29の干潮のタイミングで沖ノ島にて移植活動を実践しました。

館山小学校のブログ

アマモの粘土付けの説明

アマモの粘土付けの説明

アマモの苗の成長点を覆わないように根っこに、アマモの移植用の粘土を取り付けて、錘にして移植します。

粘土をつけています

移植しています

移植しています

そして、みんなで1000株移植しました。

(その後の時間に、当方のメンバーで約200株移植)

移植した浅瀬のアマモの様子

移植した浅瀬のアマモの様子

5/29には合計1200株 5/19実施分との総計では 沖のダイバーの移植が約1250株、浅瀬が約1350株で、全部合わせると2600株(約150平方メートル)を移植したことになります。

活動にご協力頂きました皆様、館山小学校の5年生の皆!本当に有難うございました。

記念撮影パチリ

記念撮影パチリ

この移植で、1回目の沖ノ島のアマモ場再生のサイクルが、終了しまして、次のサイクルへ。

そして、移植したアマモを見守る活動を継続いたします。

記 うみがめ

シェアする