シェアする

第2回東京湾海の環境再生賞を受賞しました!

シェアする

うみがめです。

たてやま・海辺の鑑定団は、第2回東京湾海の環境再生賞みなと総合研究財団理事長賞を10/20に受賞しました。

これも、活動に関わって頂いたすべての皆様のおかげです。

本当に有り難うございました。

東京湾海の環境再生賞は、「東京湾の環境に係る藻場造成等の環境再生、普及啓発、青少年の育成等に取り組む団体活動【事業活動またはその一環として取り組んでいるものを含む】であって、東京湾の環境の保全・再生・改善等に貢献するもの」とありまして、僕達は、自然体験活動による普及啓発と実践活動のアマモ場再生の取組みを評価頂きました。

そして

「国土交通大臣賞」には「ハマの海を想う会」さん

もう一組

「(一財)みなと総合研究財団理事長賞」には「マルハニチロ」さん

がそれぞれ受賞しました。

授賞式が、晴天に恵まれた「東京湾大感謝祭2018」のオープニングイベントの一部としてとりこなわれました。

(一財)みなと総合研究財団 山縣宣彦理事長と

東京湾大感謝祭2018とは

東京湾大感謝祭も視察いたしました。(開催は10/20.21)

東京湾大感謝祭とは、官民が東京湾再生のために協働する唯一のお祭り。
海にいいこと、やさしいこと、はじめよう! 市民や企業、団体と国や自治体がともに、海の再生を考え、行動するきっかけを提供する場として、2013年秋に初開催されました。横浜赤レンガ倉庫とその周辺海上を舞台に開催され、多くの市民や企業、団体、国、自治体の関係者が参加。皆様のエコ・CSR活動や、環境配慮製品・サービス、レジャー・アウトドア、自然の恵みの紹介・販売、市民活動支援などの紹介・体験の場として開催されています。

大人たちも

小学生も。。

実に様々な関係者がかかわり、東京湾や海辺を熱く語り、様々なブースが出展していて多くの方が来場していました。

多くの方が、海にいいこと、やさしいこと。。自分で出来ること。。。すこし「行動」に移すことが、水環境を良くする事に繋がります。

記 うみがめ

シェアする