守ろう!海辺の自然環境!「アマモ苗床つくり会」開催! 2021年11月20日(土)

沖ノ島のアマモ場再生に係わる活動のご案内

多くの生き物たちの棲家、えさ場、産卵場となることから「海のゆりかご」と
呼ばれている“アマモ”という海草があるのを皆さんはご存知ですか?

沖ノ島は、北限域のサンゴを代表する豊かな生態系を育み、海の生き物と身近に触れ合うことが出来ます。貴重な自然が残る私たちの大切な「宝」です。そして、近年人気のスポットとなっています。ところが、そのアマモが減少、生態系への影響が危ぶまれています。さらに2019年の台風で多くの倒木が発生してしまいました。豊かな沖ノ島を将来に引き継ぐためにこの取り組みに皆様も参加してみませんか? 苗床つくり会を行います。

2008年頃の沖ノ島のアマモ場

2021年11月20日(土) 10:00より 千葉県館山船形1452 館山漁業協同組合(港内)にて「アマモ苗床つくり会」を行います。

過去の苗床つくりの様子

芽が出て苗が育っていきます。


活動内容:保管・熟成していたアマモの種播きをします。アマモ用の土作りを行い、プランターにアマモの種を播き、アマモの苗を育てる準備をします。

活動時間 10:00~12:00頃を予定

〈服装・ご用意いただく物〉

※海には入りませんが、海水や砂や腐葉土など使いますので、多少汚れてもよい服装でおこしください。
※小雨決行。(荒天中止)
※帽子、飲み物 
★船形漁港探検も実施予定

先着30名 参加費無料 (現地までの交通費は自己負担)

以下よりお申し込み出来ます。

申し込みボタン

アマモ場再生活動に関して


ご支援を、よろしくお願いいたします

NPO法人たてやま・海辺の鑑定団ではこの自然環境の保全と啓発活動を続けるための寄付を募っています。この素晴らしい自然を未来のこどもたちへひきつぐためにご協力・ご支援いただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました