シェアする

アマモ花枝採集会 ご参加有難うございました。

シェアする

2017年6月24日(土)

沖ノ島のアマモ場再生活動の一環で、花枝採集を行いました。

会場は、館山市の東京海洋大学水圏科学フィールド教育研究センター 湾内支所の前の海。

ここには、少しですが、アマモが自生しています。

アマモは、5―6頃、花が咲いて種が出来ます。

今日は、その種がついた花枝をみんなで採集しました。

総勢50名で実施しました。(小学生14名)

花枝は、合計約100本集まりました。

ご参加頂いた皆様有難うございました。

花枝採集の後は、生き物探しをみんなで楽しみました。

記念撮影

記念撮影

地元の参加者

地元の参加者

危険な生き物を説明

危険な生き物を説明

ダイバーも出動!

ダイバーも出動!

アマモの説明をする木村さん

アマモの説明をする木村さん

アマモの花枝採集の様子

アマモの花枝採集の様子

100本集まりました!

館山市長も参加いただきました!

館山市長も参加いただきました!

沖ノ島ダイビングサービスマリンスノーのダイバー

沖ノ島ダイビングサービスマリンスノーのダイバー

残念ながら海の中の花枝は、時期が早かったのか採集できませんでしたが皆様本当に有難うございました。

生き物探し!

生き物探し!

これは、あぶないハオコゼくん(笑)

ミミイカ

生き物探し!!

生き物探し!!

生き物探し!!

生き物探し!!

生き物を解説中!

生き物を解説中!

千葉テレビさんも取材に来ていただきました。

100本あります

100本ぐらいあります!!

この後、花枝は、お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センター(館山市香)にて熟成します。

しっかり種になるまで。。。

熟成水槽

熟成水槽

次の皆で行う活動は、種の選別作業9月頃を予定しています。

記 うみがめ

シェアする