シェアする

守ろう!沖ノ島!「アマモの種子選別会」開催! 2018年9月8日(土)

シェアする

★2018年度 沖ノ島のアマモ場再生に係わる活動のご案内

多くの生き物たちの棲家、えさ場、産卵場となることから「海のゆりかご」と
呼ばれている“アマモ”という海草があるのを皆さんはご存知ですか?

沖ノ島は、北限域のサンゴを代表する豊かな生態系を育み、海の生き物と身近に触れ合うことが出来ます。貴重な自然が残る私たちの大切な「宝」です。そして、近年人気のスポットとなっています。ところが、そのアマモが減少、生態系への影響が危ぶまれています。豊かな沖ノ島を将来に引き継ぐためにこの取り組みに皆様も参加してみませんか? アマモの種子の選別会を行います。

2008年の沖ノ島のアマモの様子

2008年の沖ノ島のアマモの様子

◎2018年9月8日(土)9:30より 千葉県館山市香11(お茶の水女子大学湾岸生物研究センター)にて「アマモの種子選別会」を行います。(終了しました!)

■ 活動内容:種子選別会では、今春、館山市館山のアマモ自生地で採取されたアマモの花枝をお茶の水女子大学湾岸生物教育研究センターで保管・熟成していたものを掃除し、11月頃に種を播く準備をします。

先着50名 参加費無料 詳細募集案内参照 以下よりお申し込み出来ます。

日 時 2018年9月8日(土)9:30~12:00頃(雨天決行)
参加無料(要申し込み) ※集合場所までの交通費などは自己負担
会 場 千葉県館山市香11 お茶の水女子大学 湾岸生物教育研究センター
(9:00から受付開始)★沖ノ島が会場ではありませんのでご注意ください。
※同センター内に駐車できますが、スペースに限りがありますのでなるべく乗り合いで
お越しください。
定 員 先着50名程度(小学生以上 1-3年生は保護者と参加)

※人数を確認しますので必ずお申し込みお願い致します。

沖ノ島アマモ場再生活動への参加申込はこちら


お申込みはこちら

アマモ再生事業の概要はこちら

アマモ場再生事業
館山市沖ノ島のアマモ場再生事業について ◆沖ノ島の現状とアマモ場再生への経緯 【沖ノ島】 東京から程近い館山湾の南側に位置...

シェアする