シェアする

沖ノ島の森の再生活動実施しました。2020年8月30日

シェアする

うみがめです。

2019年9月5日に発生し、9月9日に房総半島に上陸した台風15号(令和元年房総半島台風)は千葉県を中心に各地に甚大な被害を及ぼしました。

館山市にある沖ノ島も一夜にしてその姿を大きく変えてしまいました。
それから私たちの「50年後の森」を見据えた活動が始まりました。

本当は、多くの皆様と、森の再生に取り組む予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により沖ノ島は今も閉鎖中です。

そんな中ですが、館山市から特別な許可を頂き、沖ノ島2020年8月30日(日)沖ノ島の再生活動に取り組みました。

沖ノ島の森の再生へ

活動は、森の環境再生に精通しているNPO法人地球守(高田宏臣代表理事)の指導により、行いました。そして、当日は、6/28に引き続き館山市消防団(吉野隆志団長)の力強いご協力を頂きました。

地球守からは6名 消防団からは34名! 当方の関係は13名、そして近隣のホテル(Hotel & Resorts MINAMIBOSO)の皆様が3名助っ人来ていただき、総勢約60人で行いました。

今回は、暑さとの戦いでした。8月後半ならもう気温が下がるかと思っていましたが。。。暑かった。

消防団の皆様

土中環境の改善

再生の要は、沖ノ島の「土中環境」にあります。

ここが改善されることが大きな目標です。

「土中環境」については詳しくは。。(地球守の高田氏の書籍のページへ

森の再生は、水と空気が地中を流れる、「通気浸透水脈」を回復させること、そのことで自然の森は回復していきます。

土中環境の改善は、小さなことから始めることができる。

以前の施しも足りないところは補完します。

暑さの中の作業でした!!

高田氏の指示のもと、島の中心部の改善のための施しと、館山市消防団の皆様とともに、倒木の的確な処理、切りそろえ、並べて配置を本当に暑い中ではありましたが行いました。

それにしても今年の夏は梅雨空け同時に暑い夏がやってきました。

(6/28は大雨でしたが。。)

消防団の皆様は主に手がついていない倒木を切りそろえました

暑い中の作業本当にお疲れ様でした。

宇賀明神周辺、ご神木が大きく蘇るために

ご神木は生きています。たくさんのひこばえが育っています。このひこばえが大きく育つ可能性があるそうです。

高田さんの説明とたくさんのご神木のひこばえ

それには、切り株が乾燥せずにしっとりとした状態となり、そこを母体としてひこばえが育っていくような環境を作っていきます。

根返りしてしまったご神木の根の部分に施します

枝葉を組んで井形にしてさらにそこにたくさんの草を施します。乾燥しないように。

夏草も再生の為の大切な役割をになっています。

宇賀明神の境内にも施しました。

雨水が表層を流れず地中にしみこみやすいように、古い瓦を使った施し

ここでも夏草が大切な役割を果たす

中央の四阿(あずまや)の周りに施し

沖ノ島の中央には四阿(あずまや)があります。ここも島の再生には重要なポイントです。土地が乾かないように施しをしました。

暑い中の作業でした

一つ一つの作業が沖ノ島の未来に繋がっています。

竹炭は竹林の整備にもつながります。

そして、土中環境の改善に欠かせないものが多孔質の「竹炭」です。今回もたくさんの竹炭を使用しました。
竹炭を使うことで、菌糸やバクテリアなどの有用微生物が棲みついて繁殖し、土中の有機物の分解を促して土の団粒化を進め、保水性や浸透性が向上します。

また、竹炭を作り、使うことで竹林の整備にもつながるのです。

作業を終えて

本当は、多くの皆様と沖ノ島で行いたい作業でしたが、今はできない状況です。

まだまだ、沖ノ島の「50年後の森」の再生の為に、みんなで出来ることはたくさんあります。

現場を見つめる高田氏

かつてのご宇賀明神とご神木 50年後はもっと豊かな森に・・・

逆光ですが、記念撮影!!(消防団皆さまは15:00まで、ホテルの皆様は、午前中までの活動でした。最後に鑑定団関係と館山市と地球守の皆様と。。)

森を守ることは海を守ること

その時は、皆さんと、ご一緒に取り組みたいと思います。

沖ノ島の「50年後の森」の為に。

そして、みんなで「楽しみながら」です。

なかなか実現できませんが、その時はご案内いたします。

森を守り通気浸透水脈が再生されることは、「海を守る」ことにもつながります。

2017年9月の空撮

記 うみがめ

活動へのご支援に関して

この活動は、山脇学園中学校様より支援金ドッグビューティーサロンCoCoレーヌ様のご支援TATEYAMAイタリア食堂様の店頭からの募金寄付ネットから頂いたご支援、など多数のご支援を頂きながら活動しております。

これからのご協力に関しては、こちら

台風被災・館山市沖ノ島・森の再生のための寄付金の募集を開始しました
2019年台風15号・19号・21号の被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。 この度台風被災・館山市沖ノ島・森の再生のため...

シェアする