シェアする

アマモの様子 2018年1月~2月

シェアする

うみがめです。

館山市沖ノ島は、復旧工事がはじまっています。少しずつですが前に進んでいます。

ガバメントクラウドファンディングも継続しております

ところで、昨年11月にみんなで、プランターに播いた種が大きくなりました。ご紹介いたします。そのときの様子

アマモの苗床つくり活動(11/21 11/25)
少し時間が経ってしまいましたが、沖ノ島のアマモ場再生活動の一環で、アマモの苗床つくりを2箇所に分けて行いました。 一箇所目は、いつもお...

まずは、お茶の水女子大湾岸生物教育研究センターのアマモの様子です。

ここは、昨年地元の小学校(館山小学校)4年生の児童と種まきを行いました。約10000粒は播いた計算です。

循環水槽のアマモ

循環水槽のアマモ

循環水槽のアマモ

循環水槽のアマモ

結構成長してきました。最長で20cm以上の株もあります。

あまり日当たりが良いと、緑藻が付くので、少し日除けをはっています。

アマモの日除け

アマモの日除け

循環していない水槽(溜め置き)からも芽がでてますよ。

溜め置き水槽のアマモ

溜め置き水槽のアマモ

(★注意:こちらは大学の施設なので一般の立入は出来ません)

こちらは皆様と種まきをしました船形港のアマモです。

船形港のアマモ

船形港のアマモ

こちらも成長しています。

今後も、成長を見守りたいと思います。

(★注意 船形港のアマモは、漁港施設の一部をお借りしています。立入は出来ますが、関係者の迷惑にならないような注意が必要です)

更に、12月直播した種と、アマモ生息状況を冬の海は、夜中の潮が引くので見てきました。

12月の種まきの様子→

アマモプランターの様子と、残った種を海に播きました!(沖ノ島の様子も)
千葉県館山市沖ノ島を中心とした南房総での自然体験プログラムを開催/沖ノ島無人島探検、スノーケリング体験、ビーチコーミング、釣り体験

館山湾の花枝採集した場所に入りました。

館山湾の奥の夜の海

館山湾の奥の夜の海

当たり前ですが、暗くて。。。そして寒い。。。

アマモは。。。

自生してるアマモ

自生してるアマモ

ありました!

しかし、少し元気が無いようです。

そして、播いた種は。。。

残念ながら見つかりませんでした。

ただ、種が流れたのか、播いた場所の近くに新しい芽吹きの確認はできました。

新しく芽吹いたアマモ

新しく芽吹いたアマモ

ちょうどプランターのアマモと同じくらいのサイズです。何とか成長して欲しいと思います。

そして、沖ノ島の浅瀬にも、また許可を頂いてみてきました。

が。。。

こちらも、播いた種の芽吹きは確認できませんでした。残念。

おまけ。。。

さてなんでしょう?

さてなんでしょう?

アマモは見つかりませんでしたが、この子がいました。(答えは最後に)

そのあと、観測をお願いしているダイバーのマリンスノー岡本さんの報告に朗報がありました。12月に沖ノ島のやや深い所に、播いた種が芽吹いているとのこと。

その様子。

沖ノ島水深2mのところのアマモ

沖ノ島水深2mのところのアマモ(マリンスノー岡本さん撮影)

これは、嬉しい報告でした。

さて、地道な活動ですが、今プランター育成しているアマモが無事成長したら5月干潮時には沖ノ島の北側に移植する予定でいます。

そのときはまた、多くの皆様のお手伝いが必要になりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

長々と失礼いたしました。

記 うみがめ

あーーーー!答えは「ダンゴウオ君」でした。

ダンゴウオは北の海の魚で、なかなか癒し系です。

シェアする