シェアする

沖ノ島環境保全プロジェクト概要およびシンボルマーク使用申請について

シェアする

沖ノ島環境保全プロジェクト概要

プロジェクト内容

沖ノ島の自然環境の保全と、来訪者の安全と安心のための整備を行う。
2019年の台風15号の影響を強く受けた、自然環境の再生を目指す。

対象地域

千葉県館山市沖ノ島とその周辺

プロジェクト目標

沖ノ島の豊かな自然を将来に渡って守り続ける。
沖ノ島を気持ちよく訪れてもらえる場所にする。

背景

沖ノ島は北限域で生息するサンゴや、手付かずの豊かな自然とふれあえる「歩いていける無人島」として、地域にとって貴重な自然資源・観光資源である。一方、夏季などの駐車場は来訪者で溢れ飽和状態になる。一部のマナーの悪い方が放置するゴミの問題などが課題になっている。また、台風などの影響から、沢山の生き物の棲み家となっていたアマモ場が失われつつある。沖ノ島の素晴らしい自然環境を将来に渡って守り続けるとともに、沖ノ島を訪れる人が気持ちよく過ごせる環境づくりを目指す。

追記:2019年の台風15号の影響を受け、島内で倒木が多数発生。御神木とされていた樹齢300年余のタブノキも根ごと倒れ、島の木の多くが折り重なるように道を塞いだ。今後、専門家の指導のもと行う森の再生と、島を安全に訪れてもらえるよう復旧していく必要がある。

過去の取り組み

・環境保全協力金活動2017年~ 沖ノ島の環境保全のための協力金を来訪者に呼びかける。
・アマモ場再生活動 2016年より始動。2017年~地域の小学校や地域住民とアマモの移植活動を年8回行う。
・地域の方へ向けた沖ノ島の普及啓発イベントとして2019年2月に里海博を開催。地域住民約240人が参加。
・2018~沖ノ島の魅力や守るべきルールなどを記載した「沖ノ島ルールブック」を作成、来訪者へ無料配布。
・夏季の混雑期への対策として、ルールの設定、看板の設置、トイレの増設、駐車場の整備等を行う。(館山市の取り組み)
・2019 9月~ 沖ノ島復旧活動 倒木の除去など一部ルートの復旧。

沖ノ島環境保全プロジェクトのシンボルマークとその使用について

沖ノ島環境保全プロジェクトシンボルマーク

沖ノ島環境保全プロジェクトシンボルマーク

沖ノ島環境保全プロジェクトシンボルマーク使用ルール及びガイドラインに同意いただけましたら、このシンボルマークは無料で利用することが可能です。

以下のフォームより申請ください。

沖ノ島環境保全プロジェクトシンボルマーク使用ルール及びガイドラインをお読みいただき、同意いただけましたら下記フォームよりお申込みください。


ご提供ファイル形式

Illustrator CS5以降 ai形式

photoshop pdf形式

画像ファイル PNG形式

シェアする