シェアする

台風被災・館山市沖ノ島・森の再生のための寄付金の募集を開始しました

シェアする

2019年台風15号・19号の被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。

この度台風被災・館山市沖ノ島・森の再生のための寄付金の募集を開始しました。

(寄付ネットへ)http://www.kifunet.com/project.html?id=24

15号被災後の空撮

倒れてしまった木

寄付の目的

2019年台風15号19号の影響は大きかった。貴重な自然が残る無人島「沖ノ島」も倒木が多数発生してしまいました。
樹齢300余りの木も倒れてしまいました。
沖ノ島の森の再生には、かなりの時間が掛かると思っています。
皆様のお力添えをいただきながら50年後を見据えた沖ノ島の再生を目指します。

概要

千葉県館山市沖ノ島(沖ノ島公園)は、首都圏から近く黒潮の影響により北限域のサンゴの生息し豊かな森の植生を育み「歩いて渡れる無人島」として、館山市及び地域社会にとって、貴重な自然資源であり、観光資源でもあります。

2019年台風15号、さらに19号の影響を受け、島の森の木々の多くが倒れてしまい大きな影響を受けてしまいました。

沖ノ島の森は、海の中の島の森で周囲1キロ足らずの小さな島のため、デリケートな環境と言えます。島の森を再生するためには、長期的な視野と専門的な知識を背景とした、森の再生計画を立てて、実行する必要があります。

一方、地域資源である沖ノ島は、近年人気のスポットとなり、特に夏季には多くの人が訪れ、ゴミ問題、過剰入り込み、自然環境への影響が課題となっています。

そこで、地域資源である沖ノ島を、持続可能な形で再生に向かう道筋をつけて、地域の皆様、ご協力くださる皆様とともに復旧・復興につなげ、持続可能な活用の仕組み構築と実現を目指します。

2017年9月の空撮

寄付の方法(寄付ネット)

こちらかお願い致します。http://www.kifunet.com/project.html?id=24

■寄付ネットとは:社会のために、人のために:寄付の総合ポータルサイト
「寄付ネット」は、寄付の総合ポータルサイトです。「寄付をしたい」個人・法人の方々と「寄付を求める」学校・団体等とをしっかりと確実につなぎ、「寄付」のお手伝いをするのが寄付ネットの役割です。

NPO法人たてやま・海辺の鑑定団は、千葉県の自然体験活動のネットワークとしてNPO法人千葉自然学校の会員校の一つになっています。
今回寄付金の募集は、千葉自然学校との連携により実現しています。

今までの再生に向けた取組み

台風19号の影響 沖ノ島の様子とアマモ保護ゾーンの補修
うみがめです。 2019年台風15号・19号の被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。 台風19号が、接近しま...

国際海岸クリーンアップ(International Coastal Cleanup : ICC)と、台風の流出物(流木など)の整理を実施
うみがめです。 毎年国際海岸クリーンアップ(ICC)を沖ノ島で実施しています。今年も10/5(土)に皆様に呼びかけして実施する計画をし...

台風15号後の沖ノ島海の中の様子を伝えます!
うみがめです。 2019年台風15号の被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。 台風の後の海の様子をやっと見に行くこと...

台風15号のあと…アマモが生きていました!!
うみがめです。 2019年台風15号の被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。 台風のあとアマモは、どうなってしまった...

沖ノ島復旧作業を一部行いました!2019/9/24
うみがめです。 2019年台風15号の被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。 沖ノ島 復旧作業実施! 本日、館山市の了...

2019年台風15号の被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます
2019年台風15号の被害にあわれた皆様に心からお見舞いを申し上げます。 報道にもありますように、千葉県そして南房総・館山周辺では、強...

記 うみがめ

シェアする